和裁ってスゴイ!

和裁って、最初きちんと習う前は、大したことないかと思っていたんですよね。
基本が直線縫いですし、着物の形って、みんな一緒だし、なんて、軽く考えてました。

まずは本を買って、浴衣を縫ってみたんですが、???の連続。
とりあえずそれは縫い終えましたが、これはきちんと対面で先生から教わろうと考えて、ネットで探して神奈川和裁専門学院に入学しました😊
お稽古の曜日や時間が決まっていない。って所が1番の決めてでしたが、結果、私はここが良かったのだと思います💖

さて、和裁がまず、どこが洋裁と違うのか?

とりあえず、見た目から言いますと、基本的には直線縫いばかりで仕立てます。
身体の曲線に合わせてカーブをさせる洋裁とはだいぶ違います。

そして縫い目を見せません。(※単衣の場合、縫い目が見える部分もあります)

時代によって形を変えたりしません。

カットする時は直線です。

そして何より違うのは、解いて再び平らな布に戻せる点かと思います。

何故、解くのか?

それは和服が、とても生地を大切に扱い、人に譲る事を前提として作られているからです。
なので、反物にハサミを入れる時は、仕立てるサイズだけを念頭に置くのではなく、その反物で作れる最大のサイズも考えて、なるべく大きな人にも譲れるように、また、たくさん着て、裾が擦り切れたら切れた所だけをカットしてお直しが出来るように、最大限に生地を活かせるようにハサミをいれるのです。

こうして着物の生地は長く着られ、代々受け継がれ、人の手から手へと受け渡され、大切にされていくのです。

そのように、大切にされている着物生地は、出来れば和服として着用するのが一番だという思いは私にもあります。
しかし、箪笥の肥やしとして眠らされ、古着として売られてしまったきもの達を、もう一度、人の手に触れられて、慈しまれる存在として形にしたいと言うのも、私の願いなのです。







紬屋瑠璃猫

布が好きです。 更に、布を大切に扱う和裁の技術と出会い、 和裁と和服が大好きになりました。 着物生地を 和裁の技術も使いながら、 日々の生活の中で触れられるモノに 生まれ変わらせる商品作りを 心掛けています。 どうぞ日本の文化のなかで 育まれた数々の布の手触りを 感じて戴けますと幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000